エリート女子選手のサーブの特徴

Pocket

  目的

 

女子バレーボール選手のポジションがサーブの特性に関連しているかどうかを判断すること。

 

  方法

  対象

 

Indesit European Champions Leagueのファイナル4(FF1とFF2)で行われた8試合(29セット)

 

サーブはヨーロッパクラブリーグの上位4チームで2シーズン連続でプレーした25国籍の58名のプレイヤーの1300サーブとした。

 

52名がナショナル選手であり、16人がオリンピアン。

 

  測定項目

 

①ゲーム内の役割(ポジション)

・セッター
・ミドル
・サイド
・オポジット

 

②サーブタイプ

・ジャンプスピンサーブ
・ジャンプフローターサーブ
・オーバーヘッドフローターサーブ
・オーバーヘッドスピンサーブ
・アジアンフローターサーブ(アンダーハンド/サイドサーブ)

 

③サーブ速度(km/h-1)

・40未満
・40-49
・50-59
・60-69
・70-79
・80-89
・90以上

 

④サーブエリア(3分割)

 

⑤サーブのターゲットゾーン(コートを6分割(前3つ、後ろ3つ)

 

⑥サーブ結果

・得点(4)
・相手チームの攻撃を防ぎ、フリーボールを返すサーブ(3)
・相手チームが攻撃を仕掛けてくるのを制限し、プレイヤーが急速に攻撃するのを防ぐサーブ(2)
・相手チームが望むあらゆるタイプの攻撃が仕掛けることができるサーブ(1)
・サーブミス(0)

 

  結果

  サーブタイプ

 

表1は最も使用されるサービスがオーバーヘッドフローターサーブ(48.6%)であり、サイドプレイヤーが最も使用していたことが示されている。続いてジャンプスピンサーブで特にサイドとオポジットが使用し、3番目に多いサーブはジャンプフローターであった。

 

表1 ポジションとサーブタイプの関係

ジャンプスピンジャンプフローターフロータースピンアジアン
セッター34211301233
サイド12935226390
ミドル43124222400
オポジット1054154120
合計31122153210333

 

1300サーブのうち、スタンディングが758(59.08%)であり、ジャンプは532(40/92%)打っていた。

 

サーブで最も得点が多かったのは、ジャンプスピンサーブ(25サーブ;39.1%)であった。しかし、エラーが最も多いサービスタイプでもあった(66サーブ;56.9%)。

 

ジャンプスピンサーブを使用する傾向があったオポジット(15得点;7.1%)が最大のサービス効果(直接得点)に達した。

 

  サーブ速度

 

表2は734のサーブが50-59km/h-1の速度に達していることを示している。この速度はミドルプレイヤーとサイドプレイヤーの間で最も頻繁に出現した。

 

これらのサーブのほとんどはスタンディング(75.6%)でおこなわれ、ほぼ全てがオーバーヘッドフローターサーブ(88.8%)であった。

 

283のサーブ(21.8%)が70km/h-1を超える速度に達し、そのうち26サーブ(2%)が90km/h-1をこえた。また、サイドの選手が最も多くのパワーサーブを記録した(110サーブ;>70km/h-1)

 

表2 ポジションとサーブ速度の関係

<4040-4950-5960-6970-7980-89>89
セッター1142138612201
サイド5352384157458
ミドル4292767728150
オポジット0118222305017
合計2011773414612713026

 

  サーブ結果

 

表3はポジションごとのサーブの有効性を示している。ミドルプレイヤーが最も効果的なサーバーであり、429のうち56(13.1%)の効果的なサーブを行った。これらのサーブは直接得点(4)につなげるか、相手チームが速攻を仕掛けることを制限(3)した。

 

表3 サーブ結果とポジションの関係

01234
セッター1315044167
サイド37251982122
ミドル32242993620
オポジット3498521315
合計1167412938664

 

  サービスエリア

 

表4に示すように、最もよく使用されるサービスエリアはゾーン1の後ろであり、最も使用されないエリアはゾーン6の後ろであった。

 

表4 サービスエリアとポジションの関係

ゾーン1ゾーン5ゾーン6
セッター22910
サイド2639967
ミドル13023267
オポジット1653017
合計787362151

 

ゾーン1からのジャンプスピンサーブ最も直接得点を取れたゾーンであった(45サーブ;70.3%)。

 


出典

Relation between in-game role and service characteristics in elite women’s volleyball.

Quiroga, M. E., García-Manso, J. M., Rodríguez-Ruiz, D., Sarmiento, S., De Saa, Y., & Moreno, M. P. (2010). The Journal of Strength & Conditioning Research, 24(9), 2316-2321.

用いられた論文はこちらです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。