ビーチバレーで勝敗に影響があるのはアタックミス

Pocket

  目的

ビーチバレーボールにおける得点対するパフォーマンスの影響を検討すること。

 

  方法

  対象

2003年FIVB男子ビーチバレーワールドツアートーナメント59試合118セットを分析対象とした。

 

  パフォーマンススキル

①サーブ

②レセプション(サーブレシーブ)

③セット(トス)

④アタック

⑤ブロック

⑥ディグ(アタックレシーブ)

 

  結果

判別分析を行った結果、2-0の試合ではほとんどのスキルにおいて敗者よりも勝者の方が優れたパフォーマンスを示した。最も勝利に寄与するパフォーマンスは相手のアタックミスであることが明らかになった。

技術標準回帰係数
ブロック0.375
アタックポイント0.475
カウンターアタック0.498
サービスエース0.539
その他のミス-0.471
アタックミス-0.772

 

2-1のセットで勝った試合では、勝ったポイントの合計のみで勝者が敗者よりも優れていた。


出典

Statistical analysis of men’s FIVB beach volleyball team performance.

George, G., & Panagiotis, Z. (2008). International Journal of Performance Analysis in Sport8(1), 31-43.

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。