レベル別スパイク決定率の違い

Pocket

  目的

 

バレーボールの重要なスキルであるスパイクがレベルの違いによって異なるかを把握する。

 

 

  方法

  対象

 

インド西ベンガル州のフリー地区と国際レベルのシニアバレーボール(2014-15年)における準決勝および決勝のみ。

 

 

  尺度

 

VISによって収集されたスパイク決定率を用いた。

スパイク決定率 = スパイク得点 / 合計試行回数

 

 

  結果

 

それぞれのアタック決定率は以下の通りになり、最も高い決定率は国際レベルの57.47%であったことが明らかになった。

 

地区:46.67 ±9.80 %

州 :49.54 ±2.43 %

国 :53.39 ±8.83 %

国際:57.47 ±7.54 %

 

 


出典

Power of spike to dominate different levels of volleyball competitions

Ghosh, S., & Sawata, M. (2019). International Journal of Physical Education, Sports and Health 2019; 6(4): 101-102

用いられた論文はこちらです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。